薬院レコード|BLOG|

薬院レコードBLOG


良いお年を。

2006.12.31 Sunday


東京からは東京タワーをお送りします。

今年一年も沢山の唄や絵、デザインされた美しいイメージとともに皆さんとお会いすることが出来ました。
来年も薬院レコードが皆さんの日々をわずかでも温めるものであればなあ、と願います。

で、来年はボクの個人ブログが動いてくれる、はず、です。きっと、、

それまでは引き続きこの場所を借りて東京よりレポートです。

渋谷SPUMAでのボクの作品展の最終日、
12月29日のパーティーは、今まで地道に積み重ねて来たことがカタチになり、
店に溢れるほどの人たちにただただ楽しんで頂けたんじゃないかな。


オオタユキはギターを抱え立って唄うスタイル。
この日初めて彼女の唄に出会った人も多かったけど、
「ホンモノだ」って声を沢山聴くことが出来ました。
そうそう“癒し”とかのキーワードに押し込んではもったいないぜ、オオタユキ。
来年はこのまま立った姿勢から一歩、二歩とね。
しかし達郎のカバー、しびれた!

今回も神田サオリさんがメチャクチャ考えてくれたイベントの流れ。
オオタユキではさらりと、
彼女が紹介してくれた三村玲土さんとはガップリ4つに組んで。


その三村玲土さん
う〜〜〜ん、いつかとんちピクルスとの競演を、実現せねば、いかん。
エロです。真摯です。エンターテナーです。
ボクはガチンコで出会いました。西の方でも是非に!
しかし「あんみつ姫」でも行けそう。。


で、eliちゃん。バックはK.P.M.の男ども。
ぎゃーーー!!この面白さ、凄さを知らずに死ぬのか?
いや死ねない。
てかeliちゃんのパンツを被らされたK.P.M.リーダー、、

そこに挑む神田サオリ。
思いっきり吹き飛ばされそうになりながらも絵を描く。
が、その筆がeliちゃんのボディーに向かう、
その姿は今は亡きジェームスブラウンのマントショーのようでもあったっす。

そうそう、うかうかしてると変な力に吹き飛ばされてしまいそうな今。
来年はさらなる「ガツン」に向かわねばならぬのでしょう。

最後は描き上がった絵の前で、初めて人を前にして唄をうたった神田サオリ。

参加者全員の来年への助走路になったんじゃないかな、なんてね、
自分の作品のことも忘れて感慨に浸っていたのであります、、
じゃね、、深夜に搬出だった、、ふう〜〜〜。。

みなさん、良い年を!!

| amigo | - | 19:16 | comments(1) | trackbacks(0)

コメント

ブログ、期待してまっせー!

| nakamura | 2007/01/01 6:37 AM |

コメントする









トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://blog.yakuin-records.com/trackback/157373

<< 今年最後の夕日 | main | 新年 >>

| / |


最近の投稿



過去の投稿


最近のコメント


最近のトラックバック